京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 小さな目標達成の継続で内的モチベーションを高める

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

小さな目標達成の継続で内的モチベーションを高める

2015.04.20

resizeS2Y6VMYX

1年の始まりに、目標を立てる人は多いだろう。
会社組織においても、部署やグループごとに目標を設定したりするのではないだろうか。
また、社員が抱負を発表したりする機会もありそうだ。

組織として設定する目標にせよ、部下が掲げる抱負にせよ、上司が必要以上に介入するのは良くない。
押し付けは厳禁だ。



スポーツの視点からみる人的資源
resizeNO272WZY

サッカーの指導者として、10代の代表チームから日本代表まで関わった山本昌邦氏(現NHKサッカー解説者)は言う。

「上司から『これをやれ』と言われた部下は、やれと言われたことばかりに気持ちをとらわれがちになる。何かミスをしてしまった場合も、『言われた通リにやったのに』という思いが胸をよぎり、自分に対する言い訳を用意してしまう。一方、自分で決めた目標は『こうありたい、こうなりたい』という気持ちの表れなので、自分自身でモチベーションをかきたて、頑張ることができます」

目標設定には二種類ある。
達成するのが難しい大きなものと、控え目なものだ。
言動不一致を恥じる傾向のある日本では、目標やノルマを小さく設定しがちである。

そんなときに、上司はどのように対応するべきか?

「お前ならもっとできる」とハッパをかけるのは簡単だ。
しかし、それでは押し付けになってしまう。

上司からすれば小さな目標でも、達成したらきちんと評価する。
評価をした上で、新たな課題を与えるのだ。
小さな目標を絶えず達成するように働きかけ、部下に自分の能力を掘り起こさせていくのである。

そのためには、日々の問いかけが欠かせない。
「上司が自分を見てくれている」とか「気にかけてくれている」という意識があれば、部下は自分自身でモチベーションを高めるものだ。

新年の始まりに部下が掲げた目標を、上司が修正してはいけない。1年というスパンで部下をどれだけ成長させられるのかを、組織を束ねる者は考えたい。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら