京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 給与体系の見直しは一大プロジェクト

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

給与体系の見直しは一大プロジェクト

2015.06.22

E146_sarari-mangata-thumb-815xauto-15168日本の給与制度はごくごく単純化すれば、「職能給」と言われます。これは給与を決めるのに、人の「能力」と「仕事」と「努力」という3つの要素をカウントするもので、そのブレンド具合はケースバイケースです。

実際は、えてして年功賃金に流れやすく、企業からも働く人たちからも不平不満がよく聞かれます。長期勤続者が高給になり、人件費がかさみやすい。能力のある人にとっては不公平。超過勤務による長時間労働の慣習化。そして、成果主義を取り入れるべきだという声が消えません。

果たして、いまの給与体系を、よりよいものにするにはどうすればいいのでしょうか。


給与の中でも変動幅が大きいのはボーナスです。そして給与の安定的な部分は基本給です。一般的に、基本給は入社したときの格付けによって決められ、順調に行けば昇給があります。そして、その見通しによって、人は将来設計を考えるでしょう。それゆえ、給与体系は、アルバイトで働く場合を除いて、企業の構成員にとってはきわめて重要な問題です。

ということは企業にとって、給与体系は簡単に変更できるものではなく、大きな企業であるほど手直しするのは大事業なのです。たとえば、練りに練って何十年に一度というような長期計画となります。それゆえに、年功賃金と悪口を言われても、しぶとく生き残っています。

成果主義は、企業内労働市場に競争原理を取り入れるための一つの突破口であり、その方向性を否定する企業はありません。管理職や研究職を別建てにするなど、全社的な人事変革を目論む企業もあるでしょう。

また、年功的昇給をフラット化させるために、昇進昇格のルールを変更している企業も見受けられます。ほとんどの企業では、高齢者の昇給を頭打ちにし、役職を回転させて中高年者の基本給の引き下げを実施しています。

そして人件費の重心を若年者へ移しつつありますが、全体への効果はすぐに表れるものではありません。これは、給与体系の変更ではなく、「運用」の変更なのです。それくらい、給与体系は直接変えることが難しいということでしょう。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら