京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 「欠勤しない」「有給休暇を取らない」のは美徳?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

「欠勤しない」「有給休暇を取らない」のは美徳?

2015.10.05

HIRA86_MBAkey-thumb-815xauto-17206「日本人は勤勉だ」と言いますが、生まれつきではありません。

明治の初めに来たお抱え外国人が書いているものに、「日本人は時間を守らないので困る」と言っているものがありますから。恐らく、規律を守らせる義務教育が徹底したからでしょう。

その結果、工員も兵隊も優秀だと言われました。その代わり欠点は、「言われたことはやるけれども、独創性に欠ける」ということでしょうか。欠勤が少ないというのは美点です。行き過ぎなければ。海外で問題になるアブセンティイズムとは、無断欠勤のことです。


<有給休暇を取らせるメリット>
せっかく労働基準法で権利として定められている有給休暇を、取らない人たちがいることが、長年問題になっています。

統計によると、取得率の全産業平均は、2014年に48.8%で、時系列でも50%前後を安定的に推移しています。これは、欠勤が少ないということと共通するところがあるのかもしれません。

従業員の有給休暇というのは、企業にとってもメリットがあります。

金融関係の大企業では、転勤が頻繁です。これは、特定の顧客や関係者との癒着を防ぐ意味があります。異動のない小企業の場合、経理担当が不明瞭な処理をしていても他者には分かりづらいもの。有給休暇を取らせて他の者が業務を代わることで、不明瞭な処理を防ぐことができるでしょう。

企業としても、従業員に有休を取らせるべくあの手この手を考えています。たとえば、半日や時間単位の取得、傷病・介護に失効した休暇を使えるなどです。一斉休暇などは有休になりますが、個人の都合でないので制限があります。

<有給休暇取得率の高い企業>
「東洋経済」では、890社の有休取得率を3年間調べ、トップ300社の企業名を発表しています(2015年)。

見ると、大企業でもバラツキがあるのに驚かされます。業種でいうと、輸送用機器や電気・ガスの取得率が高く、建設、不動産、倉庫・運輸、小売の取得率が低いという特徴があります。第1位はホンダ(101.5%)、第2位ダイハツ工業、第3位アイシン精機でした。第300位にあたる企業でも、57.7%というように全産業平均を上回っていました。

 


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら