京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 最低これだけはチェック! マイナンバー制度の税務業務に関する3つの留意点

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

最低これだけはチェック! マイナンバー制度の税務業務に関する3つの留意点

2015.11.09

N879_osuwarinyanko-thumb-autox600-14948話題のマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)がついに2015年10月よりスタートしました。

まずは住民票を有するすべての方に通知カードが送付され、2016年1月から本格的にマイナンバーの使用が開始されます。

マイナンバー制度はまずは社会保障・税・災害対策の分野に限定して使用されます。

そして、マイナンバーの取り扱いについては、取得の方法や管理を誤ると非常に厳しい罰則も規定されています。

そのため、これからしっかりとマイナンバー制度について理解する必要があります。


今回はマイナンバー制度にまつわる税務業務に関する3つの留意点を解説します。

1.マイナンバーを収集するときは、利用目的を知らせる
会計事務所(事業者)がマイナンバーを利用できるのは、行政事務の中でも『個人番号利用事務』と『個人番号関係事務』においてです。

具体的には会計事務所であれば、源泉徴収票の作成や、各種税務申告書等を作成・提出する場合が想定されます。

マイナンバーは、この業務のみの使用目的で収集するものであり、利用範囲を超えて使用することはできません。また、収集する際には、どのような利用目的で収集するのかを、従業員に書類の提示等の方法で通知する必要があります。

2.マイナンバーを流用する際はOKなのか否か確認が必要
従業員からマイナンバーを収集して、最初に作成する書類として想定されるのが、平成28年分の扶養控除等申告書です。この扶養控除等申告書に記載されたマイナンバーを源泉徴収票や給与支払報告書、退職所得の特別徴収票に利用することは、利用目的の範囲内であると解されているため、利用目的を逸脱していることにはなりません。

3.マイナンバー個々の提出先を具体的に示す必要はない
本人からマイナンバーの提供を受け、そのマイナンバーを個人番号利用実施者に提供する義務があります。通常、これらの事務について利用目的を示すことで、マイナンバーの提出先も明らかになると解されるので、マイナンバーの提供を受けた本人に、必ずしも個々の提出先を具体的に示す必要はありません。

いかがでしょうか。マイナンバー制度が開始されても、書類の書き方や様式が大きく変化するわけではありません。しかし、マイナンバーを従業員や事業者、年末調整の担当者が扱うことには変わらないのです。マイナンバーの取り扱いや利用については、しっかりと理解を深めていく必要があります。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら