京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 前職に、解雇理由の書面を求めることはできるのか?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

前職に、解雇理由の書面を求めることはできるのか?

2016.10.24
これまで中途採用するに当たって、前職の離職理由は口頭での確認にとどめていました。

今回の採用で、正直に「解雇された」と申告した応募者がいて、会社として懲戒事由などを確認したいということになりました。

書面として「解雇理由の証明書」があったはずですが、採用者に求めてもいいのでしょうか?


 <離職後なら「退職時の証明書」、解雇予告日から退職日までは「解雇理由証明書」をを請求可能> 

中堅ないし幹部社員などの中途採用に際し、再就職先が求職者の経験・知識・技能の評価など、在職中の従事業務について「証明書」を要求するケースは少なくありません。

離職理由についても円満退職なのかそうでないのかは、採用担当にとって関心が高い事由のひとつといえるでしょう。

労働基準法22条で定めているものとして「退職時の証明書」(1項)、「解雇理由の証明書」(2項)の2種類があります。 再就職会社がこの2つを求めること自体は問題ないでしょう。

解雇理由証明書は、労働者が「解雇が恣意的になされるのを防止すること」「解雇についてやむを得ないと受忍するか、またはこれを争うかを迅速に判断できるようにすること」「争う場合にも第三者機関が解雇の有効性を迅速、適格に判断できるようにすること」を目的に交付されます。

解雇理由証明書で証明されるのは、解雇に関することのみです。解雇に関する就業規則の条項の内容や当該条項に該当するに至った事実関係が記入されたものとなっています(平11・1・29基発※45号)。

一方、退職時の証明書の記載事項には、(1)使用期間、(2)業務の種類、(3)その事業における地位、(4)賃金、(5)退職の事由があります。

(5)退職の事由とは、自己都合退職、勧奨退職、定年退職、そして「解雇」が含まれます。

ただし、労働者が請求しない事項は明記されません(労働基準法22条3項)ので、その点は事前確認が必要です。

解雇された人を採用する場合、退職時の証明書と解雇理由の証明書どちらでも同じかというと、そうではありません。記載事項だけでなく、入手できる時期に大きな差があります。

退職時の証明書は退職後においてしか請求できないのに対して、解雇理由証明書は解雇の予告期間中でも請求できます。

求職者が解雇の予告をされた日から退職する日までの間に選考を受けに来た場合、解雇理由証明書を請求することになります。

再就職の活動時期が離職後であれば、退職時の証明書を請求することが可能です。resizeFB3UE88L


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら