京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 税理士の活用法~税務調査

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

税理士の活用法~税務調査

2013.12.17

「税務署です。○月○日に税務調査に行きたいのですが」

 

突然、税務署から「税務調査に入る」と

電話がかかってきたらどう対応すればよいでしょう?

 

ここで活用してほしいのが税理士です。

社長さんにとって税務調査は非日常的で不安がいっぱい。

それに対して税理士は、

多くの顧問先の税務調査に立ち会っているので、

税務調査には慣れています。

 

税務署から連絡がきた場合は、即答せず

「税理士に確認して折り返し連絡します」と答えましょう。

そして、税理士に連絡すれば、

余裕を持って税務調査の日程を設定してくれます。

 

a0008_001880

 

調査当日までにすべきことは、準備とリハーサル。

帳簿、請求書、領収書、契約書、預金通帳など、

何を準備すればいいのかは税理士が的確に指示してくれます。

 

税理士には必ず調査のリハーサルをお願いしましょう。

 

税務調査当日、緊張のあまり余計なことを話してしまい、

誤解や指摘を受けることのないよう、

入念に準備するようにしてください。

そうすれば、落ち着いた気持ちで調査に臨めるでしょう。

 

ではなぜ、税理士が税務調査で頼りになるのでしょう。

それは以下の理由からです。

 

・実務経験と税法の知識が豊富

・納税者の味方になってくれる

・説得力があり、交渉能力が高い

・責任感が強く、調査を早く終わらせることを考えてくれる

 

税理士の税務調査における貢献は絶大です。

基本的に納税者の権利を最大限擁護し、

申告是認や修正の範囲を極力少なくするよう交渉してくれます。

 

実際、税務調査で税務署から何百万円、何千万円も請求されたのが、

税理士の交渉によって半額にもそれ以下にも、

場合によってはゼロにまで減額できたという例は少なくありません。

 

税務署サイドは「税金を取れるところからは取っておこう」と

いうわけではありませんが、徹底的な税務調査を展開していますから、

最近は厳しい質問が投げかけられる可能性があります。

 

しかし、税理士と一緒に万全の準備をしておけば、

何も恐れることはありません。

 

次回は「税理士の活用法~銀行融資」です。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら