京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 税理士の活用法~経営計画

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

税理士の活用法~経営計画

2013.12.26

会社社長にとって、大事なことといえば経営計画。

あなたの会社ではどのように決めていますか?

経営計画は社長と社員が

一緒につくるものだということを再認識しましょう。

 

しかし、社内だけの考えでは

同じやり方を繰り返してしまい、

固まってしまう恐れがあります。

そこで必要なのがアドバイザー。

その適任者が税理士なのです。

 

a0726_000150

 

 

税理士にはあくまでもコーチ役として入ってもらい、

社長と社員は監督と選手としてプレイに専念する。

そういった環境づくりが大切です。

 

そして、主役は監督である社長!あなたなのです。

 

経営計画は前年の実績を見ながらつくるものです。

しかし、実際決算書を見てみると

利益だけでも何種類もあり、

さらに仕入や販売管理など

さまざまな数字が網羅されています。

このようにかなり複雑な書類を、

きちんと読みこなせる社長はどれだけいるでしょうか?

 

そこで登場するのが、コーチ役の税理士です。

税理士に、複雑な決算書を

整理してもらい、その説明を聞きましょう。

わからないことは

税理士に正確に教えてもらうと、

より目標数値への理解が深まります。

 

また、税理士は同業他社の情報や

業界の事情などに詳しいので、

計画を成功に導くアドバイスを受けられます。

 

選手だけで一方的に目標や

トレーニング方法を決めるよりも、

コーチのアドバイスを受けた方が

いい結果につながる可能性が高いということです。

 

次回は「税理士の活用法~決算カウンセリング」です。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら