京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > “書いてある”ことと“伝わる”ことは、別物。絞ることこそ、仕事です。

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

“書いてある”ことと“伝わる”ことは、別物。絞ることこそ、仕事です。

2014.09.19

多くのチラシには一つの「致命的な欠点」が見られます。

それは、
「伝えたい情報をすべて書いてしまっている」
ということです。

秋のフェスティバルの告知チラシであれば、
フェスティバル名から会場の場所、
日時に加えて、概要、責任者のあいさつ、
そして、11種類行われるイベントの詳細も書かれ、
さらにそれぞれのイベントに関する
問い合わせの連絡先までが、
小さなスペースにぎっしり書き込まれている。

関係者以外、誰も読まないような情報が、
スペースの半分以上を占めている。

こんなに“もったいない”ことは、ありません。
その情報は「書かれてはいる」が、
ほとんど読まれず、「伝わらない」のです。

これも入れておいた“方が”いい、あれも伝えた“方が”いい、
と要素が増えて、無理にでも入れ込むことになったのでしょう。

そうやって、
すべての入れておいた“方が”いい要素を盛り込んだばかりに、
肝心のフェスティバル名と会場の場所、
日時が目立たなくなってしまっている。
概要や目玉のイベントが“何か”が、伝わりにくくなっている。

チラシを作る立場を離れて、読む側の立場を想像してみてください。
世の中には、読むべきものが無数にあります。
そんな情報過多の現代において、
私たちの頭は、目は、心は、不必要な情報をできるだけ
シャットアウトしようとする傾向にあります。

そういった視点で、
チラシづくりの最も重要な仕事は何かと考えると、
それは「情報を絞ること」です。
あるいはプライオリティを付けることです。

例えば、
フェスティバル名と会場の場所と日時を第一プライオリティに、
概要と目玉のイベントを第二プライオリティにする。

あとは思い切ってチラシには乗せない。
どうしてもイベントがたくさんあることも伝えたければ、
「他にも10のイベントが!」くらいに留めるようにしましょう。

「書く」ことと「伝わる」ことは別物だと、まず認識してください。
「伝わるか?」という視点で情報を絞っていくだけで、
チラシはうんと効果的になります。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら