京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > スランプは自分に足りないものを知る機会 [スポーツの視点からみる人的資源]

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

スランプは自分に足りないものを知る機会 [スポーツの視点からみる人的資源]

2014.10.09

月曜日のオフィスには、どんな空気が漂うだろうか。
一週間の始まりを迎えて活力でみなぎっているか。
それとも、憂鬱なムードが立ち込めているか。
組織を束ねる上司としては気になるところだ。

スポーツのチームにも「休み明け」の瞬間がある。
サッカーJリーグのチームの場合、
リーグ戦の翌日か翌々日が丸一日オフになる。
結果を残している指揮官は、ここで選手を観察する。

柏レイソルのネルシーニョ監督は、
オフ明けの練習で誰よりも早くグラウンドに立つ。

さりげなく選手を待ちながら、
誰がどんな表情を浮かべているのか、
誰と誰が話をしているのかなどを観察するのだ。

直前のゲームで負けていれば、
張りのない表情が並びがちである。
連敗中となればチームに停滞感が忍び寄ってくるが、
ブラジル人指揮官にはそれも想定内だ。
グラウンドに集まった選手たちに、こう問いかける。

「試合で勝てないことがあっても、
勝つための準備は常にできるはずだ。
それはしっかりと続けていこう」

練習の大切さを問いかける先には、こんな思いがある。

「勝つための準備では相手に負けていないぞ、
という意識を持てれば、グラウンドに入ったときに
選手が抱く責任感や勇気がより強固になっていくのです」

組織や個人の能力に関わらず、
成果の上がらないタイミングはある。
そこで「自分(たち)はスランプに陥っている」と
意識させない方向づけをすることに、
上司の存在意義はあるはずだ。

結果を問い詰めず、過程に目を向けさせる。
結果が出ないことは、
足りないものに気づくきっかけを得たと理解すればいい。
「敗戦は、自分(たち)に何が足りないのかを知る機会になる。
結果を受け止めるというのはそういうことだ」と
ネルシーニョ監督は言う。

スランプを作り出すのは、ほかならぬ自分自身なのだ。

 

 


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら