京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 肩書をふりかざしても、部下はついてこない[スポーツの視点からみる人的資源]

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

肩書をふりかざしても、部下はついてこない[スポーツの視点からみる人的資源]

2014.10.16

中学や高校の部活動で、
「顧問の先生に反論できなかった」
という方は少なくないだろう。

自分なりに考えたプレーだったとしても、
先生に否定されたら言い返すのを躊躇したはずだ。

「先生の機嫌を損ねたら、
試合で使ってもらえないかもしれない」という危惧が、
不条理と思える指摘でも受け入れることにつながっている。

プロスポーツでも同じような状況は起こり得る。

試合に出なければ報酬を得られないだけに、
選手たちは監督に従順であろうとする。

しかし、立場を越えた意見交換の
できないチームはトラブルに弱い。

スポーツのチームなら監督が選手の、
会社なら上司が部下の意見を吸い上げるのは、
組織を円滑に運営されるために不可欠だ。

上司に部下の意見を受け入れる準備があっても、
過去の実績が部下を身構えされることもある。

組織の立て直しとしてやり手の上司がやってくると、
部下はどうしても遠慮がちになるものだ。

サッカーJ1リーグの名古屋グランパスを率いる
ドラガン・ストイコビッチ監督は、
一見すると近寄りがたい雰囲気を漂わせる。

現役時代に世界的なプレーヤーとして名を馳せた彼は、
サッカー界のセレブリティである。

ところが、選手たちは彼の人間性に魅せられていく。
実績や肩書をふりかざさないからだ。

「監督と選手の間には、リスペクトがなければならない。
それは勝手に生まれるものではなく、
日頃の触れあいが培う信頼や信用によってついてくる。
選手によって性格は違うから、接し方は変えなければならない。
選手からの意見はもちろん受け入れるし、
質問に対する答えは相手を納得させられるものであるべきだ。
選手と私がお互いを理解していることが、
このチームの力の源になっている」
そして、ストイコビッチはこう言うのだ。

ノー・リスペクト、ノー・リザルト、ノー・ワーキング
──互いを思いやる気持ちがなければ、結果はつかめない。
いい仕事はできない、と。

21世紀型のリーダーには、
聖域なき意見交換を受け入れる懐の深さが求められるのだ。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら