京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 退職者にも賞与は払わないといけないの?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

退職者にも賞与は払わないといけないの?

2015.08.24

MAX85_yacchimatta14095526-thumb-autox600-147045月に会社を自己都合で辞めた退職者が、7月の夏季賞与を支払ってほしいと請求してきました。

「辞めた人に賞与なんてあげたくなんかない。お断りだ!」と言いたいところですが、実際のところはどうなのでしょう。

たとえば夏季賞与の計算期間が12月から5月までで、支給が7月初旬だったとします。

5月に会社を辞めた社員は、賞与の計算期間は在籍して働いています。

この場合、賞与を支給する必要はあるのでしょうか?


 

賞与は必ず支給しなければならないものではありません。

支給するのかどうか、どのように支給するかは、使用者と労働者との間の契約で決まります。

賞与を社内制度として設ける場合には、必ず就業規則に定めなければならないことになっています。

就業規則にどのように定めているかがポイントとなります。

 

就業規則において「支給日に在籍をしている者に対して賞与を支給する」という内容が規定されている場合は、退職をしており在籍していない者に対しては、賞与を支給しなくてもよいという判例が出ています(大和銀行事件・最一小判 昭和57年10月7日)。

 

賞与は支給後の将来も引き続き仕事をすることによって、これからも会社に貢献してもらいたいという意味合いがあります。

辞めた人には将来の期待はできません。また、支給日に在籍しているかどうかで判断することは、賞与受給者を明確にできるという意味で合理性があります。

 

自己都合ではなく、会社都合退職の場合はどうでしょうか? 定年退職の場合はどうでしょうか?

社員が自分の意思で会社を辞めるわけではないのですから、支給日に在職していなくても支給しなければならないことになります。

 

年俸制を採用している場合も支給しなければなりません。

年俸制は年間で支給する金額を契約で定めて分割して支給しているに過ぎません。実態としては賃金と考えられるからです(山本香料事件・大阪地判 平10年7月29日)。

 

ちなみに、給与については、給与計算期間に働いていた場合には、支給日に在籍していなかったとしても支給する必要があります。

給与は労働の対価だからです。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら