京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 社長の賃貸住宅の家賃を会社の経費にできる?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

社長の賃貸住宅の家賃を会社の経費にできる?

2015.08.31

社長の賃貸住宅の契約を変更することで月々支払う家賃を会社の経費にすることができます。

賃貸住宅の契約を「社長と大家」から「会社と大家」に契約を変更し、「会社の社宅にする」という方法を使えば、会社が大家に支払う家賃と、会社が社長から徴収する社宅使用料を差し引いた額が、実質的に経費に計上できる額となるのです。


ここで問題なのが、せっかく会社名義で家賃を負担したとしても、社宅利用料として徴収する額が多くなってしまえば、節税の効果が小さいのです。

では「社宅利用料の金額をいくらにすればいいのか」は所得税法の通達において定められています。

社宅の床面積や構造に応じてそれぞれ計算方法が異なりますが、例えば、床面積が99平方メートル以下の小規模住宅用の通常の賃貸料は、下記算式を用いて次の(1)から(3)の合計額が基準となる1ヵ月当たりの家賃となります。

(1)(その年度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%
(2)12円×(その建物の総床面積(平方メートル)/3.3平方メートル)
(3)(その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%

この算式に当てはめると固定資産税の課税標準額が低いものは、社宅家賃が非常に安くなりますのでおすすめです。

ただし、もし固定資産税の課税標準額が不明である場合には、会社が家主に払う家賃の50%以上を役員から徴収したほうが無難です。

周辺の通達で、借り上げ社宅の場合には、会社が支払う家賃の50%以上を最低ラインとして適正な家賃を計算する方法が定められています。この額が上がれば上がるほど節税効果は低くなりますが、このラインをクリアしておけば課税上問題になりにくいと言えます。税務リスクとの天秤にかけながら算定することをおすすめします。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら