京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 専門業者に払うホームページ作成費用の取り扱いは更新頻度によって変わる?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

専門業者に払うホームページ作成費用の取り扱いは更新頻度によって変わる?

2016.01.07

a0003_001808どのような業界でも、自社のホームページ(以下HP)を持つことが一般的になってきています。

HPを作成するのは専門的な知識が必要な場合が多く、専門業者に依頼することが多いはずです。

今回は、HP専門業者に依頼して作成してもらう場合の、作成費用の取り扱いについて解説します。


まず、HPの作成費用について、自社の広告目的のHPは、原則として「広告宣伝費」としてその年に費用となります。

これは、HPは企業や新製品のPRのために制作されるもので、内容は頻繁に更新されると考えられるため、支出時の費用として取り扱うのが妥当だとみなされるからです。

ただし、せっかく作成したHPの内容について、1年を超えて更新されない場合には、その制作費用は、繰延資産もしくは長期前払費用として、使用期間で均等に費用化することとされています。

また、HPの作成費用に、プログラムの制作費用(ソフトウェア開発費用)が含まれるHPについては、制作費用のうちプログラム制作に相当する金額は、無形減価償却資産(ソフトウェア)として減価償却していくことになります。

この取り扱いを考える場合、HPを作ったままにせず順次更新をするというのは、会計税務の取り扱い以前に、経済活動として必須だと思われます。

特に、インターネット関連の仕事などをしていない業種では、「HPを作ったはいいけれど、その後まったく更新をされないまま放置」というサイトも少なくないでしょう。これではやはり、HPを作った意味がありませんので、経済活動の実態に、ある意味で税務の取り扱いが合致していると言えます。

最近はHPを比較的安価に作成できるようになりました。しかし、インターネットショッピングのサイト(ECサイト)などを作成する場合には、一般的なHPに比べて高度なシステムが必要になる場合が多く、費用が高額になります。その際にも、経済活動の実態を鑑みた、適切な税務判断が必要になることは言うまでもありません。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら