京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 朝礼や待機時間は労働時間に含む?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

朝礼や待機時間は労働時間に含む?

2016.09.26

始業前に朝礼や準備体操を実施している会社は多いと思われます。

朝から気持ちを高めて、社員が一丸となって仕事に取り組むために一定の効果があるようです。

この朝礼や準備体操の時間は労働時間に含まれるでしょうか?

始業時間前に朝礼を行って、朝礼の時間を労働時間外としている会社も見受けられるようです。


労働時間は1日8時間、1週間で40時間と決まっています(労働基準法32条)。

労働基準法36条に基づいた労使協定を結んで、行政官庁に届け出ることによって、労働時間を延長したり、休日に労働させることができるようになります。

いわゆる36協定です。労働時間の定義については判例が出ています(三菱重工業長崎造船所事件)。

労働基準法上の労働時間とは、「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいう」とされています。

朝礼や準備体操は事業所で行われ、会社命令で実施されますので、労働時間と判定されます。

朝礼の時間を含めて1日8時間の労働時間を超えているならば、超えた時間については割増賃金の対象となります。

労働時間でほかにもよくトラブルとなるのが待機時間です。

突発的な業務が発生したときのために待機している時間で、実際に労働に従事しているわけではありません。

会社としては労働時間としては認めたくないかもしれません。しかし、待機時間に関しても判例が出ていて、労働時間に該当します。

ビル警備員の仮眠時間が労働時間に該当するかどうかが争われたケース(大星ビル管理事件)では、実作業には従事していなくても、警報が鳴った際に対応することが義務付けられているので、使用者の指揮命令下にあると判断されました。

また、住み込みのマンション管理人の所定外の労働時間について争われた、大林ファシリティーズ事件においても、住民の要求に応じて対応することが求められるとして、やはり労働時間とみなされました。

短時間で終わる朝礼はともかく、待機時間までを労働時間に含めるとなると、賃金負担が大きくなります。

この場合、賃金体系を根本的に見直したほうがよいかもしれません。

従業員が納得しているのをいいことに放置していると、いざ残業代を請求された際、高い賃金に基づいて割増残業代がさかのぼって計算されることになりますので、注意が必要です。

Lighthouse


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら