京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 消費税のかかる取引、かからない取引

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

消費税のかかる取引、かからない取引

2016.10.03

法人や個人事業主が納付する消費税の基本的な計算は、「売上に対して受け取った消費税-仕入れの際に支払った消費税」となります。

しかし、すべての取引に消費税がかかるわけではありません。

消費税がかかる取引とかからない取引があることから、消費税はわかりづらい税目とも言われています。

今回は、消費税の課税対象となる取引について見ていきましょう。


消費税は原則として、国内において事業者が事業として対価を得て行われる取引を、課税の対象にしています。

個人、法人それぞれの「基準期間」において1,000万円を超える「課税売上高」があった場合、消費税課税事業者になります。

消費税は、消費に負担を求める税という性格上、課税の対象としてなじまないものや、社会的に配慮すべき対象取引については、非課税と定めています。

さらに、詳しく非課税の対象となる取引についてお知りになりたい方は、「税についての相談窓口」に尋ねられてもよいでしょう。

消費税の課税対象とならない取引は、以下の3つに区分されます。a0003_001808

【免税】

免税取引の代表格が輸出類似取引です。海外への輸出品に対しては、日本で消費されないため消費税はかかりません。

ただし課税売上高には含まれており、課税取引として0%の消費税をかけることになります。仕入れのために支払った消費税については控除ができます。

反対に、輸入品の取引については、消費税がかかります。

【非課税】

事業として対価を得て行う取引でも、社会的背景から課税対象になじまない取引があります。

例えば、利子を対価とする金銭の貸付や住宅の貸付、土地の譲渡などが挙げられます。

さらには、有価証券や物品切手(商品券、プリペイドカード等)の譲渡、介護サービス、福祉事業、医療の給付金などが該当します。

【不課税】

税金の還付金や保険金の受け取り、対価を得ない寄付や贈与、従業員への給与など、課税の要件から外れているものを指します。

以上が消費税のかからない取引区分です。「課税」を入れると、全取引項目は4つになります。消費税の申告を正確に行うためにも、売上の消費税区分を4つに分けてしっかり計上する必要があります。

免税事業者の場合は、今後、永続的に事業を続けていき、課税事業者になったときのことを考えると、消費税のかかる取引か、かからない取引かを、日ごろからチェックしておくとよいでしょう。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら