京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 社長の節税☆利益を生めない不動産はもたない!

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

社長の節税☆利益を生めない不動産はもたない!

2014.01.14

利益を生めない不動産はもたない!

前回は納税資金を考えた不動産売却の話をしましたが、
今回は増税を見据えた不動産活用の話をします。

かつて不動産は所有していれば確実な資産でした。
それゆえ、ただ所有しているだけの人もいましたが、
今はそれでは通用しません。

a1830_000010

 

現在、ニュースなどでもお馴染みの地価の下落は、
土地の財産価値を目減りさせるだけでなく、
所有しているだけで税金をとられてしまうなど、
財産維持のリスクとなってしまうことにもなるくらいです。

今の時代に対応した不動産活用の知恵とは、
ズバリ!「リスクが少ない土地活用」です。
そのためには資産形式の発想を変える必要があります。

資産の絶対価値を増やす
「値上がり」に期待するのではなく、
「投資利回り」に切り替える。
資産活用という観点から考えた発想の転換が、
不動産の価値を上げることにつながるのです。

不動産を評価するポイントを
「値上がり期待」から「収益確保」に置き、
所有する不動産を客観的に評価する。
「必要のない土地」や
「収益が上がらない土地」をチェックし、
収益性の低い土地は「アパートや介護施設、
老人ホームなどの賃貸物件を建てる」
「収益性がいい土地に買い換える」といった対策で、
「生きた不動産」に生まれ変わらせることができます。

果たして、あなたが所有している不動産を
『生きた不動産』にすることができるのか?

そのためのポイントを次回お届けしましょう。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら