京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 社長の節税☆手元資金が増えると、相続対策の選択肢も増える

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

社長の節税☆手元資金が増えると、相続対策の選択肢も増える

2014.01.22

手元資金が増えると、相続対策の選択肢も増える

さあ、まずは何をするにも目標を立てることが大切です。
「生きた不動産」にするポイントとして、
課税総資産に対して、「10%収入確保を目指す!」。
これを目標にしてください。

具体的には
年間収入総額÷課税総資産(評価減を控除後)=10%
基本的には次のように考えます。
1.土地の格付けと仕分けを行う
分け方は以下を参考にしてください。
・残す土地
・利用する土地
・納税に備える土地
・処分する土地
2.利用する土地の活用を徹底検証し、高収入を図る
3.処分すると決めた土地は、価格下落が進行する前に売却を進める
4.好立地の不動産を購入する
5.高収益不動産への買い換えを行う
このようにして不動産活用を行えば、収入が増えます。

 

a1180_011313

これには2つの目的があります。
ひとつは、増える保有コストを補い生活資金を確保する。

もうひとつは、手元資金を増やす。
この2つが相続対策となります。

特に手元資金が増えると、
1.物納することに決めた納税予定地を手放さずに済む
2.物納後に残った相続税は、短時間の延納で収めることができる
3.現金であれば、相続人が納得する財産分割がスムーズにできる
4.相続対策の選択肢が増える
以上のような相続対策が可能になるのです。

あなたが所有している不動産が「生きた不動産」になるか?
積極的に活用してみてください。

次回は「所有不動産を活用して収入を増やす方法」をお届けしましょう。

 


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら