京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 電子マネーの私的利用などによる領収書の二重費用計上に注意!

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

電子マネーの私的利用などによる領収書の二重費用計上に注意!

2015.01.14

以前、仮想通貨のビットコインに関する記事が
新聞紙上を賑わしていましたが、
当局からはその前にSuicaやPASMOといった
電子マネーの取り扱いに注目していたようです。

と言うのも、中小企業では、
電子マネーを利用した時点で
経費処理するのではなく、
領収書の出るチャージ時点で
交通費として経費処理することが
一般的に行われているからです。

本来、電子マネーはプリペイドであり、
交通機関などを利用してはじめて
経費計上されるべきものです。

さらに当局が問題視しているのが、
交通機関以外のコンビニなどでの利用拡大によって、
私的利用や交通費とその他の利用による
領収書の二重費用計上です。

少額の決済ではありますが、
ちりも積もればなんとやらで、年間を通じますと
バカにならない金額になることもあります。

しかし、つど記録をするのは大きな手間です。

そこでお勧めするのがiPhoneを除く、
多くのスマートフォンが対応しているアプリです。

かざせば自動的にSuicaなどの履歴を読み込んで
記録をしてくれるアプリ(Suicaリーダーなど)の利用です。

これらのアプリを使って履歴を印刷しておけば、
上記のような問題は一発解決です。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら