京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 海外出張精算。どの為替レートを使って精算する?

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

海外出張精算。どの為替レートを使って精算する?

2015.01.05

近年は各企業とも、
海外出張を伴う業務が増えてきました。

もちろん海外では
現地通貨で支払いをするものの、
その精算は日本円となります。

ここで問題となるのが、
その際にどの為替レートを使って
精算するかということです。

為替レートには、
一般的にメディアで日々公表されている
TTS(外貨の買値)、TTM(仲値)、
TTB(外貨の売値)に加え、
空港や街中にある外貨両替専門店、
さらにはクレジットカードの為替レートなど、
実にさまざまな金額が存在します。

法人税上は、取引日の仲値としていますが、
現地で使った経費をその日の為替レートで
計算するのは極めて煩雑ですし、
出張者はそもそも仲値などで
外貨に両替することなどできません。

そこで実務的には、
外貨の現金に両替した場合には
その両替時のレートで、
クレジットカードを使った場合は、
クレジットカードの利用明細に記載されている
レートを用いて精算を行うのが一般的です。

出張旅費の精算時には、
現地の領収書に加えて、両替時の明細書、
クレジットカードの利用明細書のコピーを
添付してもらうといいでしょう。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら