京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 断捨離のためのブランド力

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

断捨離のためのブランド力

2014.12.15

最近(といっても結構前からでしょうか)
『断捨離』っていう言葉をよく聞きませんか?
いろいろな解釈はあるのでしょうが、
一般的には
「部屋にある、不要な物を処分しましょう」
という事でしょうか。

処分と聞いて、まず浮かんでくるのは
『捨てる』『廃棄する』と、
結局はゴミにしてしまうこと。

断捨離をしようと決意しても、
『ゴミにする』というところで、
精神的に躊躇が出て結局断捨離できずに、
何年も使われない物が部屋にあったりします。
そこで最近、処分の際に、
オークションを活用するようになりました。

インターネットで売れるのはもっぱら、『ブランド品』。
高級ブランドではなくても、商品の価値を守ってきたものは
中古でも買い取り手が多くて、断捨離に一役買っています。

商品を仕入れて販売するような小売業であれば、
経営戦略の上で在庫管理はとても重要なキーワードですが、
税金の面でもとても大事な論点です。

どんなに多額の仕入れをしても、売上原価は
『期首の在庫+当期の仕入れ高-期末の在庫』
で算出されるため、
在庫を多く抱える=売上原価が少なくなる=利益が大きくなる=税金が増える
という事になります。

節税や、資金繰りの観点で話をすれば、
在庫を抱え多く税金を払うくらいであれば、
在庫を少なくし、その分売上原価を計上したほうが、
良いのではないでしょうか。

在庫の減らし方についてバーゲンセールで在庫処分はもちろん、
廃棄処分でも、結果として売上原価計上することはできます。

ただし、会社にとっては自社の商品の売価をいくらに設定するのか、
企業の社会的責任や貢献は?等のブランディング政策が大事であるため、
個人レベルの断捨離ほど簡単では無いように感じます。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら