京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > ポイントカードの税務上の扱い

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

ポイントカードの税務上の扱い

2015.02.05

最近はどこのお店に行っても

「ポイントカードを作りませんか?」と言われ、
気が付くとすぐにお財布の中は
ポイントカードでいっぱいになってしまいます。
そんな時、すべてのポイントカードが、
統合されればいいのにと思うものです。

ポイントカード会社は、ポイントを

発行することによって、 ポイントカードを
採用している店舗からお金を受け取り、
ポイントを使用されたお店にお金を
支払うことによって ビジネスをしています。

ポイントカードを導入した店舗では、

ポイントの発行によって
ポイントカード発行会社に支払うお金が
販売促進費となります。
一方で、ポイントが利用されると、
その分だけポイントカード会社から
お金を受け取ることができ、
これが売上となるわけです。

もし、ポイントの発行によって支払うお金より、
ポイントの利用によって受け取るお金が上回るようなことがあったら、
大成功ということになるのでしょう。

では、独自のスタンプなどによるポイントカードを発行している店舗では、
ポイントの発行と利用についてどのように考え、
どのように処理すればいいのでしょうか?

独自のポイントカードの場合、ポイントを発行しても
何も費用は掛かりませんので、何の処理しなくていいということになります。

しかし、ポイントが貯まってそのポイントが使用されると、
売上は上がっても、お金は入ってきませんので、
売上の値引き処理ということになるのです。

ポイントカード会社と独自のポイントと
どちらの方が有利なのか? 不利なのか?
と検討される方も多いとは思います。

少なくとも、税務・会計上からはどちらの方が
有利不利ということはありません。
どちらの方がポイントを貯めるということが動機付けとなり、
より多くのお客さまに来店いただけるか?
という観点から検討してください。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら