京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 2015年4月から「ふるさと納税」がもっと手軽に! 特別控除額の上限が拡大しました

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

2015年4月から「ふるさと納税」がもっと手軽に! 特別控除額の上限が拡大しました

2015.06.01

resize2この4月から、ふるさと納税がより大きな金額をより手軽にできるように改正されました。

特別控除額の上限が住民税所得割額の1割から2割へ

また、もともと確定申告が不要な給与所得者等の場合

寄附先が5団体までであれば確定申告をしていなくても適用を受けられるようになりました。

ただし、単純に適用枠が倍増になるわけではなく、何もせずに確定申告が不要になるわけでありませんので、注意が必要です。


では、特別控除額の上限が住民税所得割額の1割から2割になるということはどういうことでしょうか?

注意をしたいのは、所得税の枠も倍増したわけではないということです。
家族構成や住宅ローン控除の有無等で上限金額は変わります。

ふるさとチョイス
http://www.furusato-tax.jp/2015newrule.html

などにある控除額計算シートなどを利用して、枠がいくらまであるのかを事前に確認するといいでしょう。

寄附できる金額が大幅にアップしたことは間違いありません。
先ほどの「ふるさとチョイス」サイト情報などを参考に、ちょっと高額な寄附をして
パソコンやタブレットなどを獲得してみてはいかがでしょう?

また、2点めの確定申告不要の改正ですが、年収2千万円以上の所得者や、医療費控除を受けるために確定申告が必要な場合は
ふるさと納税も確定申告が必要となります。

確定申告不要といっても、寄附した各自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」なる書類を提出する必要があります。
ふるさと納税の申込時に申請書を入手するなどして、忘れないようにしてください。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら