京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 「インサイト=お客さんの“ココロのツボ”」を、探り当てよう

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

「インサイト=お客さんの“ココロのツボ”」を、探り当てよう

2014.08.28

マーケティングや広告の世界で

いまや聞かない日はない言葉に、
インサイト(Insight)という
キーワードがあります。

辞書で引くと、
“洞察”などという訳語が出てくるのですが、
これでは何のことやら分かりません。

実際はコンシューマー・インサイト
という形で使われることが多く、
“消費者のココロのツボ”“消費者のホンネ”などと訳されます。

つまりは、
「どんなことを伝えられたら」、
消費者がその商品を買いたくなるか?
ということです。

インサイトは、「インサイトの発見」という使われ方をします。
まだ皆が「ハッキリとは気づいていない」ココロのツボなので、
「発見」というわけです。

このインサイトの発見と活用で大成功したと言われている事例が、
アメリカでの「牛乳飲用促進」のキャンペーンです。

このキャンペーンでは、骨が強くなるとか
身体が丈夫になる等の製品メッセージでは
牛乳を買わなくなっていた消費者に対して、
「クッキーなどを食べる時に牛乳が欲しくなるんだ」
という“インサイト=ココロのツボ”を発見し、
そのことをメインにメッセージして、大成功を収めるのです。

あなたの商品やサービスをお客さんが欲しい、
買いたい、使いたい、と思う“ココロのツボ”は何でしょうか?
実はサービスそのものよりも従業員の気さくな笑顔かもしれません。
商品そのものではなく、そこに付いて来るオマケかもしれません。

通常コンシューマー・インサイトの発見は、
さまざまなインタビューなどを元に行われます。
大々的なものは必要ありませんが、お客さまのホンネを聞き出す機会を設けて、
彼ら彼女らの“ココロのツボ”を探してみては、いかがでしょうか?


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら