京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 組織への目配せはスタッフ全員でやればいい

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

組織への目配せはスタッフ全員でやればいい

2014.11.13

組織を束ねるリーダーも、ひとりの人間である。

自分の指揮下にあるグループが大きくなければ、
相性の良くないタイプや苦手な性格の部下が、
ひとりぐらいはいるものだろう。

部下に嫌われてしまうこともある。
それが女性なら、難易度は上がる。

距離感を縮めようとすると、
さらに関係が悪化する恐れがある。
無理に踏み込めない分、対処法に苦慮しがちだ。

「こちらから熱心にアプローチしても、
自分を慕ってくれない部下もいるものです」
と話すのは、女子サッカー日本代表
『なでしこジャパン』を率いる佐々木則夫監督だ。

「最初のアプローチとしては、
上司から歩み寄ることが大切でしょう。
相手を変えさせるよりも、
自分が変わるほうがずっと簡単です」

自分の周囲にいる人間を、
佐々木監督は三つに分類している。
(1) どんな状況でも自分を受け入れてくれるタイプ、
(2) ケース・バイ・ケースで受け入れてくれるタイプ、
(3) なかなか自分を受け入れてくれないタイプ、である。

「誰からも好かれたいと願うのが人間ですが、
(3) との関係改善にばかり
エネルギーを注ぐのは避けるべきです。
『どうして自分を認めてくれないのか』
といったストレスが溜まりますし、①や②との関係が
おろそかになってしまうこともあるからです」

自分に心を閉ざす選手がいたら、
佐々木監督はコーチの助けを求めるという。
「監督である私を毛嫌いする選手でも、
コーチの誰かとは打ち解けているものです。
そこにコミュニケーションの突破口があります。
『A』という選手と仲の良い『B』という選手を通して、
『A』の情報を吸い上げることもあります」

身近にいる部下の力を借りるのは、
上司としての責任を放棄することではない。
部下に対する信頼の表れでもある。

「組織へのスタッフ全体でやればいい」と、
佐々木監督も語るのだ。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら