京都税理士|みなさまの元気、やる気、勇気を引出し、商売が笑売へとなるように全力を尽くします。

小杉將之税理士事務所

ご相談・お問い合わせはお気軽に 0120-371-910 店舗番号は1627 受付時間 9:00~17:00(平日)携帯電話・PHS対応

  • トップ
  • サービス
  • 料金
  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

HOME > スタッフブログ > 家族的な雰囲気の作り方

無料相談実施中

メールはこちら

お気軽にご相談ください

ハイブリッド会計Crew

会社設立キャンペーン

メルマガ登録はこちら

プレゼントコーナー

求人情報

選ばれる理由

セミナー情報はこちら

書籍情報はこちら

取材実績

お客様の声

サービス一覧

メニュー

対応可能地域

京都、滋賀、大阪を中心に近畿一円

上記以外にもご要望があればお伺いしております。


大きな地図で見る

家族的な雰囲気の作り方

2014.11.06

企業活動やスポーツを問わず、
円滑に機能する組織は意見交換がスムーズだ。

「風通しが良い」と言われるチームやグループは、
個人の立場を越えた忌憚のない意見のやり取りがある。

アメリカのプロ野球メジャーリーグは、
多くのチームが試合後にスタジアムで食事をする。

選手の体調管理が第一の目的だが、
食事会場には家族も入ることができる。
妻と子ども、彼女らを交えて、
選手たちはリラックスした時間を過ごす。

欧米のサッカーやフットサル
(5人制の室内サッカー)のチームでも、
家族を交えた食事会が開かれる。

なぜ、選手だけではないのか。

フットサル日本代表のスペイン人監督、ミゲル・ロドリゴに聞いた。

「たとえば、グラウンドではケンカをしてばかりで、
ほとんど話をしない二人の選手がいるとする。
でも、自分の奥さんや子どもが、大嫌いな選手の家族と一緒にいたら、
さすがに放っておくわけにはいかない。嫌々でも近づくだろう。
それだけではなく、話をするはずだ。
子供たちがじゃれ合えば、選手の表情も思わず緩む。
嫌いな選手に対する感情にも、変化が芽生えるものだ」

仕事と家庭を区別する傾向の強い日本で、
家族を呼んだ食事会のようなイベントは難しいかもしれない。
休日出勤の多い会社や部署では、
グループ内の全員がそろうタイミングさえないかもしれない。

最初のうちは、全員参加でなくてもいい。
会場は会社の小さな会議室でもいい。
家族を交えた交流の機会を開くのだ。

ロドリゴ監督が続ける。

「夫がどんなふうに仕事をしているのか、
チームメイトや監督とうまくやっているのかは、奥さんも知りたいものなんだ。
夫がもし人間関係でトラブルを抱えていたら、妻は何とかしたいと思うもの。
監督やコーチが『アイツと仲良くしろ、ケンカするな』と言うよりも、
同じことを妻が言ったほうがよほど効果的だし、
子供同士が友だちになれば、親(選手)も自然と仲良くなる。
そうやって関係が修復されると、選手のほうから
『また食事会をやろう』と言ってくるようになるんだ」

家族のように何でも言い合える雰囲気を作りたければ、
家族を交えた時間を持つ──ビジネスシーンにも応用可能なマネジメントである。


ご相談・お問い合わせは0120-371-910 [店舗番号 1627] 受付時間 9:00~17:00 些細なことでも気兼ねなくお電話ください。

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、Q-TAX 京都下鴨店です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

メールでのご相談はこちら